急勾配屋根 瓦おろし替え工事 (富山市、リフォーム)

今回、富山市で

急勾配屋根の瓦おろし替え工事
       (屋根リフォーム工事)

を施工、完了してきました。



五箇山の合掌造りの屋根のような

急勾配屋根は

雨切れが良く、デザイン性も高いですが、

逆に

屋根面にも厳重に足場を組まないと、

屋根での工事がとても危険になります。

そこで、屋根勾配について、

考えてみました。








富山市 瓦おろし替え工事 急勾配屋根リフォーム11



富山市 瓦おろし替え工事 急勾配屋根リフォーム12





スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

tag : 富山 屋根 屋根工事 雨漏り 急勾配 矩勾配 10寸勾配

立山連峰の麓で生まれたクラフトフェア 「 立山Craft2017 」 に協賛しました。

立山連峰の麓、立山町で生まれた

クラフトフェア

立山クラフト」の趣旨に賛同し

今まで、写真撮影でお手伝いしてきましたが、

今年で三回目の開催を迎えるにあたり、

今年から、協賛もさせて頂きまいた。


立山Craft 2017は

■日時 5月27日(土) 10:00~17:00
      28日(日) 9:00~16:00
           ※雨天決行

■場所 立山町総合公園
 (富山県中新川郡立山町野沢1)

開催です。


◎ 立山クラフト2017 HP ◎


立山クラフト2017ポスター


立山連峰の麓、立山町で生まれた

素敵なクラフトフェア

まだ協賛金も集めてらっしゃるので、

立山クラフトの趣旨に賛同された方は

こちらから協賛されてみては

いかがでしょう?


◎ ご協賛のお願い ◎

テーマ : 富山県
ジャンル : 地域情報

tag : 富山 立山 立山Craft 立山クラフト クラフトフェア

雨漏り修理、点検 (富山市 瓦屋根、雨ドイ修理)

雨漏りがすると、屋根修理点検の

屋根工事の依頼があり、
 
富山市S様邸に伺ってきました。


今回は、割れたやズレもなく、

雨ドイの破損からくる雨漏りでした。


富山瓦 雨漏り修理屋根工事 釈永瓦工務店


雨漏り修理屋根工事に入る前に

まず、お客様より伺った雨漏り部分の

上にあたる屋根に登って点検確認。

すると、

雨ドイ破損個所があったので、

その下のをまくってみると、

雨水の侵入した跡が残っていました。

雨漏りの原因は1ヶ所とは限らないので

他の部分の屋根も確認。

他に問題が見られなかったので

雨漏りの箇所はこの部分で確定です。


富山瓦 雨漏り修理屋根工事 釈永瓦工務店01


まくった部分の瓦を銅線で縛り直し、

葺きなおして復旧。

すぐに雨ドイの修理に取り掛かりました。

が、

お客様によると、破損した雨ドイが

庭に落ちてたのを保管されていた

との事だったので、

その雨ドイ(数m)を確認。

すると、

ほとんどの部分が使える状態だったので、

その雨ドイの破損部分だけを直し

ほとんどの部分を再利用し復旧。

お客様の機転で材料をあまり使わず

あまりお金をかけずに

修理する事ができました。



雨漏りの原因は瓦でない事もあります。

天井にシミができてたり、

雨漏りの音が気になったりしたら、

お気軽に、お問い合わせください。

[釈永瓦工務店 HP]

瓦葺き1級技能士、瓦屋根診断技士の店釈永瓦工務店

テーマ : 富山県
ジャンル : 地域情報

tag : 富山 屋根 屋根工事 雨漏り 雨どい 修理

天候の下り坂の前触れ(?)日暈現象

今日は太陽の周りに虹が出ています。

これは日暈といって、
 (にちうん、ひがさ、halo

天候が下り坂になって行くときに

良く見られる現象。

晴天の期間が短い時期ですが、

今日一日大事に過ごしていきましょう(’-’*)♪



釈永瓦工務店 日暈写真 富山県立山町新瀬戸地区01

富山立山町新瀬戸地区の釈永瓦工務店倉庫より

テーマ : 富山県
ジャンル : 地域情報

tag : 富山 立山町 日暈 釈永瓦工務店倉庫 写真 halo

立山連峰と富山県氷見市虻が島と軒瓦

氷見から富山湾越しの立山連峰を撮影しようと、

朝早く氷見市の海岸へお邪魔してきました。



まずは、虻が島の見える場所に車を止め、

朝日を見に来られているお二人越しに

立山連峰を撮らせて頂きました(^-^)


立山連峰と、富山県氷見市虻が島01



その日は雲が多く、

立山連峰が隠れないかドキドキ

しながら日の出を待ちましたが、

雲の隙間から朝日が差し込み

虻が島越しに立山連峰が

綺麗に浮かびあがって見えました(^-^)


立山連峰と、富山県氷見市虻が島と朝日



そして、海岸でふと足元を見てみると、

赤地に黒模様の物体が………



そ、それはなんと

富山湾の荒波にもまれ、角のとれ、

丸くなった瓦の破片でした。

この紋様は、軒瓦の唐草紋様で、

富山特有の黒の釉薬も自然に剥がれ落ち、

角も取れ、丸くカワイイ姿になっていました。


唐草瓦 海で丸くなった富山の黒瓦


この辺りの黒瓦を能登瓦と呼んだりしますが、

どこで焼かれ、

いつ時代に屋根を守っていた黒瓦か?

いつ廃棄され、

どうやってここに流れ着いたのか?

この状態から察する事はできませんが、



夏暑く、冬は寒く、湿度の高い

富山県の厳しい気候から屋根を守り

雨風を凌いでいた軒瓦の、

角が取れ釉薬が剥がれ、ここまで丸くなるのに

かかった歳月に思いを馳せ、

また土に還って行く姿を見ながら、

立山連峰から昇る朝日を眺めてきました。

テーマ : 富山県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

shakunaga

Author:shakunaga
富山の気候に合った屋根、黒瓦の文化を伝えるべく。

寺社仏閣、洋瓦、鬼瓦、塀瓦、住宅の新築、リフォーム等の瓦工事、施工完成写真を残し分かりやすく伝えるように心がけています。

雪止め瓦、ゆきもち君
屋根防災施工、太陽光発電
についても勉強中。


国土交通大臣認定
かわらぶき1級技能士
瓦屋根診断技士

富山の屋根リフォーム・雨漏り修理・屋根瓦工事は釈永瓦工務店 HP へ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード