立山・瓦deアート~立山町陶農館で瓦表札作り、その後、自宅瓦屋根に~(親方による更新)

立山町陶農館で、を使って表札を作ろうと、行われた

瓦deアート」で、娘が作った表札が出来上がってきました。



ただ、表札にするにはあまりに大きい為、

そのまま、我が家の屋根に載せてしまおうという事になり、

表札を、自宅屋根に葺いてあると交換しました。



以前、富山県で使われるは49版と呼ばれる瓦が主流でしたが、

最近、富山の和風住宅に多く使われる瓦は53A版と呼ばれる

少し小ぶりな規格の瓦。

我が家に使っている瓦とも形、大きさが合います。



そして、今日の日曜日は暖かく、先日までの雪も融けたため、
ポカポカと暖かい陽気の中、娘と屋根に登り瓦の交換の儀式^^
立山・瓦deアート立山町陶農館で瓦表札作り01


まず、交換する瓦を決めます。
当時使っていた瓦が三州瓦という事も有り
貫入(瓦の釉薬(ゆうやく=上薬 うわぐすり)のヒビ?)が目立ちますね。
立山・瓦deアート立山町陶農館で瓦表札作り02


瓦をはぐり見えてきたのが下地材。
施工した私自身忘れてしまっていましたが、
防水のルーフィングの上には、遮熱シートがひいてありました。
立山・瓦deアート立山町陶農館で瓦表札作り03


娘の手による、かわらぶきの儀式
(本当は私が施工し、娘は手を添えただけ^^;(防災瓦の防災機能を残したまま瓦屋根工事))
立山・瓦deアート立山町陶農館で瓦表札作り09


完成
新銀黒色と言われる、黒と銀色の中間のような色の瓦に
黒の表札瓦が入ったのでした^^
この瓦が、この先何十年もこの家を守ってくれる事になり、
家族と娘にとって良い思い出になりました。
(この文字は、釉薬で書き、陶農館の窯で焼き直したもので、簡単には色褪せしません。)
立山・瓦deアート立山町陶農館で瓦表札作り06
ただ、こういう地元を再発見しようとした企画であれば、
地元富山県産瓦、もしくは北陸産瓦を使ってもらいたかったなと。
ちょっと思ったりしました。が、
瓦を使ったこういう企画は、とても嬉しいので、
取り上げて下さっただけでもありがたい。
今後の展開が、とても楽しみです^^


 ※
 我が家の瓦の色は、新銀黒色と言われる、
 黒色と銀黒色の中間のような色の瓦。
 富山の瓦は黒が特徴的とは呼ばれますが、
 真っ黒な黒色の瓦というのは最近の事、
 古くからある住宅は少しくすんだ様な黒色が多い為、
 真っ黒を避け、このような色にしてみました。
 古い住宅にはくすんだ黒、赤に近い黒等、県内の産地、窯場により
 様々な系統の色の黒瓦が載っています。

(親方による更新)
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

tag : 富山 屋根 陶農館 瓦deアート 屋根工事 遮熱シート

プロフィール

shakunaga

Author:shakunaga
富山の気候に合った屋根、黒瓦の文化を伝えるべく。

寺社仏閣、洋瓦、鬼瓦、塀瓦、住宅の新築、リフォーム等の瓦工事、施工完成写真を残し分かりやすく伝えるように心がけています。

雪止め瓦、ゆきもち君
屋根防災施工、太陽光発電
についても勉強中。


国土交通大臣認定
かわらぶき1級技能士
瓦屋根工事技士
瓦屋根診断技士

富山の屋根リフォーム・雨漏り修理・屋根瓦工事は釈永瓦工務店 HP へ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード