FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の京都 世界遺産 東寺、国宝 金堂、入母屋造屋根 本瓦葺(軒下雨受け瓦)

先日友人達と雪の京都へ行ってきました。

世界遺産 東寺、国宝 金堂
入母屋造屋根、本葺きと、飾り
東寺金堂 入母屋造 本瓦葺05



東寺金堂 入母屋造屋根 本葺(軒下雨受け

写真屋根中央部にある、の上に瓦が乗って、
二重になっている瓦。
正直、正式名称は知らないのですが、
状況から、当ブログでは「軒下雨受け瓦」と名付けてみました。
      (詳しい方、教えて頂けると嬉しいです<(_ _)>)


雨樋の無い寺社建築などの軒下にある、下屋根では、
屋根からの雨水を上手に止める為、
瓦の上に平瓦を置き、雨水が侵入しにくいよう
写真のように工夫がしてあります。

屋根からの雨水を、一段上の瓦で受ける事により、
跳ねるの勢いを落とし、水勢も抑えれる為、
雨漏りを防ぐ為、寺社建築の下屋根では
こういった施工が良く見られます。
東寺金堂 入母屋造 本瓦葺02



東寺金堂 入母屋造屋根 本瓦葺

こちら側の屋根にも、瓦の上に、瓦が置いてあります。
意匠を重視し、雨水を止める時には効果がありますが、
流石に一般住宅ではあまり見られません。

こういった施工は、施工も難しく、
上屋根からの雨水が直接瓦にかかるため、
防音に優れた瓦でも、雨音はかなり大きくなると思われ、
人の住んでいる住宅では、
雨樋をしっかりつけた方が、静で、
屋根を痛めず、安価に施工できると思います。

が、こういった瓦の施工、美しいです。
東寺金堂 入母屋造 本瓦葺04東寺金堂 入母屋造 本瓦葺03



世界遺産 東寺、国宝 金堂 入母屋造 本瓦葺
と、国宝 五重塔

東寺金堂 入母屋造 本瓦葺06


スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

tag : 屋根 写真 京都 鬼瓦

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京の冬の旅2014 ~03 世界遺産 東寺、国宝 金堂の屋根、鬼瓦~

国宝 金堂は、平安遷都と共に建立され、東寺の本堂。そして内部には薬師三尊(薬師如来、日光菩薩、月光菩薩)と、十二神将が安置されています。(内部は撮影禁止)雪の金堂、入母屋造り屋根、本葺き瓦と鬼面鬼瓦雪の金堂、入母屋造り屋根、本瓦葺、隅棟の鬼面隅鬼瓦(下の鬼を一の鬼、上の鬼瓦を二の鬼と言います。)金堂、中段の屋根に飾られている、獅瓦でしょうか?スミマセンよくわかりません。が、国宝金堂を守るよう...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shakunaga

Author:shakunaga
富山の気候に合った屋根、黒瓦の文化を伝えるべく。

寺社仏閣、洋瓦、鬼瓦、塀瓦、住宅の新築、リフォーム等の瓦工事、施工完成写真を残し分かりやすく伝えるように心がけています。

雪止め瓦、ゆきもち君
屋根防災施工、太陽光発電
についても勉強中。


国土交通大臣認定
かわらぶき1級技能士
瓦屋根工事技士
瓦屋根診断技士

富山の屋根リフォーム・雨漏り修理・屋根瓦工事は釈永瓦工務店 HP へ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。