軒瓦と雨どいと雨水の関係(富山の場合)

先日の雨の中の仕事で、雨水の流れのビデオが撮れたので

富山県での軒雨どいと雨水の関係について一つ。


雨どいというのは、建物の軒の下についている。

U字状の水を流す長い棒のような、下の写真にある「あれ」の事ですが、

たまに、雨どいの必要性を聞かれる事があります。

富山 小松製瓦 銀黒瓦 雨樋

雨どいは、屋根の水を速やかに建物外へ流すために欠かせない物。

特に、雨が多く湿度の高い富山県(年間湿度全国一位)では、

建物を湿気や腐食から守る為に欠かせません。

例えば、

雨どいがなく、雨水が二階から一階の屋根へ直接落ちるような場合。

下屋根のに落ちた雨水が弾く事により、

雨水のかからない筈のの部分まで水が弾いたり、壁に水が浸みたりして、

雨が止んだ後も、雨水が乾くのに時間がかかって湿気が残り、

腐食や、苔が生えやすくなる事があります。

あと、

水を流すための雨どいの水を流す勾配が「意匠的に良くない」

と感じる方もいらっしゃるようですが、

雨どいを水平にしてしまうと、雨どい内に水が残る時間が長くなり

(角度の微妙なズレにより、雨水が自然に蒸発するまで残り続ける事もあります。)

腐食や、苔が生えたり。ゴミも詰まりやすくなるため。

雨どいの勾配も、屋根の水を速やかに建物外へ出すために重要な処置。



とはいうものの、上のビデオのように、しっかり水が流れる雨どいは、

外から見ても、わかるくらい角度がついているように見え、

意匠的に気になるというのも事実。

最近の雨どいは意匠性も高く、建物のデザインに合った物も多く、

どのような雨どいを使用し、どのような施工をするか、

適材適所で使用する事が重要となります。


疑問、お困りの事などありましたら、ご相談下さい。

スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

tag : 富山 雨どい 雨漏り 雨樋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shakunaga

Author:shakunaga
富山の気候に合った屋根、黒瓦の文化を伝えるべく。

寺社仏閣、洋瓦、鬼瓦、塀瓦、住宅の新築、リフォーム等の瓦工事、施工完成写真を残し分かりやすく伝えるように心がけています。

雪止め瓦、ゆきもち君
屋根防災施工、太陽光発電
についても勉強中。


国土交通大臣認定
かわらぶき1級技能士
瓦屋根工事技士
瓦屋根診断技士

富山の屋根リフォーム・雨漏り修理・屋根瓦工事は釈永瓦工務店 HP へ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード