立山町の瓦屋根、修理工事中に見つけた、レア施工^^

地元立山町の屋根修理工事中に見つけた、レア施工。


屋根のてっぺんにある本棟の棟唐草部分(棟下の部分)に

コブ型の雪止めが使用されているのを見つけました。

この部位に雪止めを使用するのはどんな意味があるか?

というのは、今の考えでは全く理解できません。

雪止めには、銅線を二本留める穴があるので、

ただ唐草が足りなくて、コブ雪止めを使用したのか?

職人さんの遊び心か?

色々と想像がつきませんが、

今は見ることのできない屋根の意匠にニヤリとしてしまいました^^

釈永瓦工務店1級 黒瓦雪止め 甍

黒瓦部分と、赤茶けた黒い瓦を使用した部分があり、

瓦の製造時期、製造窯の違い等、

こういった部分も楽しく見させてもらいました。
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

tag : 富山 立山 屋根 屋根工事 修理 黒瓦

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shakunaga

Author:shakunaga
富山の気候に合った屋根、黒瓦の文化を伝えるべく。

寺社仏閣、洋瓦、鬼瓦、塀瓦、住宅の新築、リフォーム等の瓦工事、施工完成写真を残し分かりやすく伝えるように心がけています。

雪止め瓦、ゆきもち君
屋根防災施工、太陽光発電
についても勉強中。


国土交通大臣認定
かわらぶき1級技能士
瓦屋根工事技士
瓦屋根診断技士

富山の屋根リフォーム・雨漏り修理・屋根瓦工事は釈永瓦工務店 HP へ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード