スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸の瓦製造メーカー小松製瓦の「瓦」特徴、性質について(2017)

黒瓦、小松に対する質問が多く
当ブログの過去の記事を再編集しました。


立山町 黒瓦おろし替え 屋根工事 富山瓦1
富山ブラック黒瓦と、空の青色が深く写り込んだ小松ブルーの小松


質問というのは、
 「富山では、「三州瓦」と「小松瓦」のどちらが良いか?」
というものです。

どちらが良い、向いているという事は
一概には言えませんが、
私自身、十数年前にメインの瓦を
小松製瓦へ切り変えました。

以下、当社で使用する瓦を小松製瓦に変更した理由です。



~ 良い理由 ~

 ① 瓦自体が強く、強度がある。
 ② 瓦の裏、表に釉薬が塗ってある。
 ③ 貫入が無い(かんにゅう)
  (貫入を肉眼で確認できません)
 ④ 三州瓦より重たいと思っていたが、
   それほど変わらない。



~ 悪い理由 ~

 ① 表面が粗い。

等の特徴があります。




まず、良い理由の、

「①瓦自体が強く、強度がある。」

 について
 小松瓦を加工し、現場で施工してみて
 日々強い。と感じていました。

 三州瓦から、小松瓦へ替える事により、
 施工中に破損する瓦が減りました。
 その理由のわからずにいましたが、
 一つ面白い現象を発見したので、
 お知らせします。

 それは、
 小松瓦は硬くて、柔らかいのです。
 硬いのに柔らかいというのは
 相反する事のようですが、

 瓦に粘りがあり、柔らかいのです。
 それはどうしてかというと、
 グラインダ等で瓦を細く加工していると
 3㎜程の厚みで切断する事があります。
 これを両手でもって軽く押してやると、
 「しなります」

 三州瓦だと、ガラスのような堅さな為
 押すと「割れて」しまいますが
 この瓦は「しなって」元に戻るんです。

 機会があれば、瓦屋さんに言って
 試してみてください。
 3㎜程度で薄くスライスした瓦を
 曲げてみると良く分かります。
 曲げすぎると割れてしまいますが、
 瓦が「しなって」「戻る」というのは
 面白くもあり、驚きます。
 意図してこういう性質の瓦にしてる
 かは分かりませんが、
 (営業マンが驚いていました。)
 北陸で生まれて、重たい雪に耐えるよう
 作られ、選ばれてきた「小松瓦」
 理由があったんです。



②「両面釉薬」

 富山で施工されている古い三州瓦では、
 釉薬の塗って無い裏面に凍害、塩害を
 見かけたりしますが、
 小松瓦では瓦の両面に釉薬を塗り、
 貫入が入らないように焼く事により、
 凍害、塩害について強くなっています。



③ 貫入が入らない(入りにくい)

 貫入(かんにゅう)というのは、
 焼き物の釉薬の表面にある
 亀の甲羅のような細かな模様の事です。
 (お茶碗にも貫入が入っています。)

 通常、瓦が長年風雨に晒され、
 貫入が目立つようになってきますが、
 小松瓦には貫入が見られません。

 貫入が無いために、釉薬は美しく輝き、
 黒瓦に青い空が写り込み、
 美しく深い青色で輝きます。
 (貫入のある瓦では、空の青の映り込み
 が少なく、白く濁ります。)

 それまで三州瓦を使ってきた私にとって
 貫入があるのは当たり前の事でしたが
 小松瓦には貫入が入っているのを
 見た事がありません。
 屋根に乗せて、数年風雨に晒された
 瓦を見てもそうです。

 この辺はかなり意識されてるようで、
 瓦を焼く温度が1250~1200℃と、
 他の瓦より高くして、かなり気をつけて
 製造されてるようです。

※貫入は、JIS規格、耐久性には
 関係無いと言われていますが、
 数十年、風雨や雪、凍害に晒される
 富山では、重要な部分と思い、
 選んでいます。

 何年経って貫入が入らない為、
 倉庫にある在庫の瓦、いつの製造の物か
 判断つかなくなってしまいます。
 (普通の瓦だと、貫入の入り方、
 変色の仕方で瓦の古さが分かります)
 修理に伺ったりした時にも、
 劣化して見えない為
 いつの施工だったかな?
 と悩む事あります^^;

 そういう事もあり、小松瓦の多い
 北陸、富山では、とても良い艶の黒色、
 深い青色の屋根を見る事ができます。



④重量について

 私自身、小松製瓦に替えても、
 三州瓦より重たいと思っていました。
 重いが、強度があるから使ってみようと
 思ってたんですが、
 倉庫で計ってみた所、
 意外な結果になったんです。

 実際に倉庫で計ったところ、
 平瓦で100g程度小松瓦が重いですが
 役瓦と呼ばれる
 雪止め瓦、軒瓦、大袖瓦、小袖瓦で、
 100g~300g小松瓦が軽いのです。

 この結果は意外でした。特に、
 雪止めでは300gほども差があり、
 屋根に瓦を葺いた場合、
 そんなに変わらない結果になりました。
 (平成20年 釈永瓦工務店 倉庫調べ)

 1㎡、1mの積雪で3tもの重量になる
 富山の重い雪に比べると
 誤差のようなものだと思います。
  
※最近の三州瓦は瓦を薄く作り、
 軽量化を図っている為、
 平成29年現在の重量差は変わって
 いるかも知れませんが、
 軽量化をしたという三州の瓦の
 サンプルを頂いたところ、
 JIS規格は通ってるんでしょうが、
 私個人の感想として、
 とても富山で施工できる強度を
 持っているとは思えないものでした。




悪い理由

①表面が粗い。

 焼き物という事もありますが、
 小松瓦の表面が荒く見える事があり、
 気になる事があります。
 メーカーに改善をお願いしてますが、
 使用している土の関係と、
 焼く温度が三州瓦より高く、
 瓦が「しまる」ため
 なかなか改善されません。
 この部分が改善されると、
 和形の三州瓦を北陸で使う理由は
 無くなってしまうかもしれません。

 瓦の表面の粗さは、
 小松瓦の最大の欠点ですが、
 瓦を焼く温度が高く、焼き締め、
 「硬く、粘りがあって強い」
 一つの特徴と言えるのかもしれません。




瓦の表面は多少粗いですが、
貫入の無い釉薬は美しく、
性能、構造の面で富山の土地に合っている為、
地元、北陸の瓦という事もあり、
三州瓦から、小松瓦へメインの使用瓦を変えました。
黒瓦の多い富山、北陸なので、とても美しい艶の黒色が合います)

あと、瓦の防災化への対応もしっかりされてるため、
私の求める完全防災施工というのに対応できる瓦です。
(完全防災使用=防災瓦、全数釘止め、軒袖部への防災補強、等)

感覚で強い、硬い、と思っていた所と、
実際に計測、実験してみた結果というのが一致し、
予想外の結果も出てきて、面白い実験でした。
少しでも参考になれば幸いです。

それでも、個人的な感想、実験、感覚
に基づくものに過ぎません。
もっと詳しく、正確な情報は、構造の専門家(私は施工専門)の方に
お願いしたいと思います。

当社では、小松瓦、三州瓦以外に、
淡路瓦、石州瓦、安田瓦も検討して
使用しています。


立山町 黒瓦おろし替え 屋根工事 富山瓦2
陶器特有の貫入が無い為、
空の青色が深く写り込み艶のある
富山ブラックの黒瓦と
小松ブルーの小松瓦

私の認識に間違いがあれば、ご指摘頂けると助かります<(_ _)>


小松瓦の施工例 ~祐教寺(富山県立山町) 降ろし替え、瓦屋根リフォーム工事~

小松瓦の施工例 ~立山町U様邸 蔵、瓦屋根おろし替え工事~

小松瓦の施工例 ~立山町H様邸 瓦屋根おろし替え工事(屋根リフォーム)~防災施工,コブ型雪止め,黒瓦~~

小松瓦の施工例 ~立山町S様邸リフォーム瓦屋根おろし替え工事。甍棟,雪割り冠~

小松製瓦株式会社 ホームページ

立山町黒瓦屋根 富山ブラック 小松ブルー1
富山ブラックの黒瓦と空の青が写り込んだ、深い青色の艶やかな小松ブルーの小松瓦
小松製瓦の53A判防災和瓦)
スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

tag : 富山 屋根 屋根工事 黒瓦 立山町 富山ブラック 小松製瓦

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shakunaga

Author:shakunaga
富山の気候に合った屋根、黒瓦の文化を伝えるべく。

寺社仏閣、洋瓦、鬼瓦、塀瓦、住宅の新築、リフォーム等の瓦工事、施工完成写真を残し分かりやすく伝えるように心がけています。

雪止め瓦、ゆきもち君
屋根防災施工、太陽光発電
についても勉強中。


国土交通大臣認定
かわらぶき1級技能士
瓦屋根工事技士
瓦屋根診断技士

富山の屋根リフォーム・雨漏り修理・屋根瓦工事は釈永瓦工務店 HP へ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。