FC2ブログ

立山町の蔵の黒瓦屋根の鬼瓦を焼き直して再利用しました。

以前工事させて頂いた蔵の鬼瓦

当初、焼直しして再利用したのですが、焼直して再利用して正解でした。今見ても格好良い!

新しく載せ、屋根に葺いた53判の新しい黒瓦とは艶が微妙に違いますが、

何十年も蔵を守って風雪に耐えてきた鬼瓦新しい命が吹き込まれ、この先何十年もこの蔵を守ってくれます。

立山町新瀬戸 鬼瓦 蔵屋根



富山県や立山町鬼瓦といえば、黒瓦鬼瓦の頭に3本ツノの生えた御所鬼瓦(京の巻)が多いのですが、

こちらの鬼瓦にはツノは無く、シンプルなデザインの鬼瓦。

富山立山町でよく見られる御所鬼(ごしょおに)のツノはお経の書かれた巻物で、お家を守る願いが込められた巻物が載っています。そのため全国では経の巻(きょうのまき)とも言います。)

シンプルですが鬼瓦の足の波や角部位の彫りが深く、鬼瓦の胴には独特のデザインが施され、

美しく鬼瓦職人さんの思いが感じられる作りになっていたので、この鬼瓦を焼き直し、再利用させて頂きました。

立山町鬼瓦 蔵屋根

立山連峰の望める素敵な場所に蔵が建っています。
 (雄山、立山、剱岳、大日岳、大辻山、塔倉山、高峰山が見えています。手前に見えている建物は、地元新瀬戸地区の陶農館)
スポンサーサイト



テーマ : 富山県
ジャンル : 地域情報

tag : 富山 屋根 屋根工事 写真 鬼瓦 立山町 立山連峰 黒瓦

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

shakunaga

Author:shakunaga
富山の気候に合った屋根、黒瓦の文化を伝えるべく。

寺社仏閣、洋瓦、鬼瓦、塀瓦、住宅の新築、リフォーム等の瓦工事、施工完成写真を残し分かりやすく伝えるように心がけています。

雪止め瓦、ゆきもち君
屋根防災施工、
ドローンによる空撮・点検
太陽光発電
も対応中。


国土交通大臣認定
かわらぶき1級技能士
瓦屋根工事技士
瓦屋根診断技士

富山の屋根リフォーム・雨漏り修理・屋根瓦工事は釈永瓦工務店 HP へ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード