fc2ブログ

富山県における「雨漏り考察」 ~腐食しにくい屋根材?~

富山県という土地は、年間降雨日数、湿度ともに、全国でも上位に位置する県で、

住宅に侵入した雨水が乾きにくい土地であるといえると思います。

 ※特に降雨量ではなく、降雨日数に注目したのは、
  一年を通じて湿度が高く、雨水が乾きにくい土地柄といえるからです。
  北陸の中でも富山県は必ずといって良いほど
  降雨日数、湿度の高い県の全国上位に位置し、
  立山連峰を中心とした山々に囲まれたこの土地は、
  年間通した雨と、冬の雪で、水の豊富な県といえるとも思います。

そういった理由もあり、

屋根下地と、屋根材(瓦)の間に空気の層があり、

結露した水も直接野路板につかない構造となっている

瓦は、富山県という土地柄にあった屋根材といえます。



野路に隙間なく載せる形の、板金系の屋根材、

コロニアル等で施工した屋根で10年以上たった屋根は

腐食した部分が良く見られ、特に軒先部分は水が溜まりやすい構造に

なっているのか、軒先から腐食してしまっている屋根を良く見てきました。

結露した水や、雨水が浸入した場合、上記の瓦以外の屋根材は乾きにくい構造に

なっているのが原因と思われます。



瓦屋根の場合、20~30年くらいで何らかの手直し工事をするのが通例ですが、

50年、80年もの間、屋根の大きなリフォーム工事をされてないお宅も多く、

先日もそういったお宅の点検をさせていただきました。

下地の板が傷み、さすがにそろそろ限界でしょうというお話をさせていただきましたが、

ここまで長期間にわたって大きな工事をせず屋根を守ってくれる屋根材というのは、

瓦以外にはないんじゃないかと思います。



仮に瓦が割れたりして雨水が進入した場合も、先ほど書いたように、

屋根下地と屋根材(瓦)の間に空気の層があり、乾きやすい構造となっているため、

屋根の向き、立地条件にもよりますが、腐食にまで至ってない場合がほとんどです。

腐食している場合、よほどの年数雨水が浸入していたと考えられます。

そのため、1年2年で点検を行っていお宅は屋根が長持ちする傾向にあります。

昔はご自宅の誰かが屋根に登り、点検、清掃していたとも良く聞きましたが、

今はさすがに危ないため、お近くの瓦屋さん点検を依頼することをお勧めします。



当社では、一軒一軒、お客様カルテを作り、写真データ、

屋根の状況を記した書類を残しています。

お気軽に声を変えてみてください。
人気ブログランキングへぽちっとクリックお願いします<(_ _)>
スポンサーサイト



テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

勉強になりました

 ちょくちょく(結構頻繁に)拝見させていただいております。

 shakunagaさんの仕事に対する熱意は素晴らしいですね。私も見習わないといけないな~とつくづく思っております。社長日記のこまめな更新がshakunagaさんのサイトの魅力だと思います。

 


 私のブログ、おふざけ記事ばかりではずかしいです。

Re: 勉強になりました

いやぁ、稚拙な思考による文章でお恥ずかしい限りです。
今回、瓦以外の屋根材の事も書いたので、
同業者、問屋さんへ問い合わせ、
内容に間違いがないか、問い合わせてみました。

連絡がないので問題はないと判断してますが、
まだまだ言葉足らずな所があるため、
また推敲して見たいと思います。


おふざけ記事に関してですが、
おふざけユルブログはmixi、
写真はエキサイトブログ
仕事ブログと
分けてるからかも、
とは言っても、硬い文章になりがちなので、
何とかしたいなと思ってるところです<(_ _)>

プロフィール

shakunaga

Author:shakunaga
富山の気候に合った屋根、黒瓦の文化を伝えるべく。

寺社仏閣、洋瓦、鬼瓦、塀瓦、住宅の新築、リフォーム等の瓦工事、施工完成写真を残し分かりやすく伝えるように心がけています。

雪止め瓦、ゆきもち君
屋根防災施工、
ドローンによる空撮・点検
太陽光発電
も対応中。


国土交通大臣認定
かわらぶき1級技能士
瓦屋根工事技士
瓦屋根診断技士

富山の屋根リフォーム・雨漏り修理・屋根瓦工事は釈永瓦工務店 HP へ 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード